当社のタコ

フリペルガ社のタコはマダコ(octopus vulgaris) で、カディス湾水域で獲れ、スペイン有数の漁港であり、アンダルシア州で最も重要なイスラ・クリスティーナ港の市場で直接取引されます。

カディス湾産のタコは最高品質だと言えます。

それを裏付けるいくつかの理由があげられます。

  • エビや軟体動物、ハマグリなどのマルスダレガイ科の二枚貝、フランスナミノコ貝、バカ貝の類など海産物に恵まれた水域で生息するため、当地沿岸のタコは世界の他の水域産のタコとは違った特性のある味をもちます。
  • 捕獲方法 過去100年間にわたり行われてきた伝統漁法により、環境と沿岸の自然環境を最大限に尊重して、小型船でタコを一杯ずつ捕獲します。
  • 気候 ウエルバ県やカディス県沿岸の水温がタコの生殖を容易にするため、年間を通じて安定した漁ができますが、冬季が最も生産量の多い時期となります。
  • 最後になりますが、重要なのは当社の経験 当社が最高の天然ダコと誇るタコの生産にかけた40年間に培った細心の注意と配慮による生産。

当社の一日の生産量は漁獲高によります。ハイシーズン(11月と12月)には、12,000キロの生産に達します。

凍結能力については、15,000キロに達することができ、全体で200平方メートル以上を占める2室の冷凍庫で18万キロの保存能力を有します。

フリペルガのタコは私たちの手から直接、日本、スイス、イタリア、ギリシャなどの諸国へ、そしてもちろんガリシアやバルセロナなどのスペイン国内の諸県にも届けられていることを誇りに思っております。そしてまた、仲介業者を通じて、当社のタコは遠く中国やアラブ首長国連邦などの国々でも消費されています。