プロセス

当社のタコはここ数十年来行われてきたように伝統漁法により捕獲され、常に環境と沿岸の海洋生態系を尊重し細心の注意を払って行われます。

el-proceso-01
el-proceso-02
el-proceso-03

捕獲後、数時間も経たないうちにタコは活きたまま当社に届きます。当社の施設に到着後、加工プロセスに入ります。

  • 最初に、手作業でタコ一杯ごとに内臓が取り出されます。この作業は当社に昔から勤務する専門スタッフの熟練した手によって行われます。
  • タコは一杯ずつ大きさにより、当社製品の商品情報にきちんとしたがって分類されます。商品情報をご覧ください。
  • 分類後、凍結のためにタコがトレーに準備されると、トンネル型フリーザーに運ばれ、その内部で摂氏マイナス35度に達するまで約8時間を要するプロセスを経ます。その後、箱詰めされて当社の冷凍庫で保存されます。
el-proceso-puerto

このような工程によってのみ当社の製品がそのすべての特性を保ち、品質や味がそのまま保たれることを保証できるのです。

この港では、有名なウエルバの白エビ、ヨーロッパアカザエビ、コウイカ、イカ、ガリアハマグリそして当社の特産品のマダコ(octopus vulgaris)などあらゆる種類の海の幸が水揚げされます。